Nutubeプリアンプ

Nutubeを1個搭載したオーバードライブのストンプ型ペダル。Nutubeとディスクリート回路のハイブリッド構成で、クランチからディストーション・サウンドまで網羅。真空管のナチュラルなクリッピング特性を活かして、ギター側のボリュームのみで、クリーンからハードなディストーション・サウンドまで自在にコントロールすることが可能。
コントロール部は、GAIN、BASS、MID、MID-FREQ、TREBLE、VOLUME。12VのACアダプタで動作。MID周波数は可変でき、音色の自由度も高い。
右側のフット・スイッチは通称“DOUBLE SW”と呼んでおり、ブースト・スイッチのような役割を果たす。Nutubeは1個の中に2つの独立した真空管回路が入っており、通常は1段のみを信号が通過するが、このDOUBLE SWを踏むと、2回路共も有効になり、より太く、豊かな音色を得ることができる。
なお、この試作機は「Nutubeギター・アンプ・システム」と共に、NutubeのローンチとなったWinter NAMM 2015のKORGブース内でも展示された。

preamp1.jpg
preamp2.jpg